顎周り ニキビ

顎周りニキビの原因

「顎周りにニキビが大量にできている・・・」
「いったん治っても、すぐに再発してしまう・・・」

 

実は、顎周りはニキビができやすい箇所です。

 

そして、顎周りのニキビに悩んでいる人のほとんどが、
再発を繰り返して赤くなってしまっている状態にあります。

 

なぜ赤くなってしまうのかというと、それは炎症を起こしているから。
ゴミやばい菌が毛穴の中に詰まって、炎症の原因になっているのです。

 

そんなときには、まず触らないこと。
また、つぶさないようにしましょう。

 

ついつい気になって触ってしまいがちですが、
重要な事は触らないことです。

 

それはなぜでしょうか。
実は、手には目に見えないゴミやばい菌が付着しています。

 

ついつい顎周りが気になって触ってしまいたくなりますが、
触ると毛穴の中にゴミやばい菌が入り込んでしまうのです。

 

そうすると、余計に炎症が悪化してしまったり、
さらには再発の原因となってしまうので、極力触らないようにしましょう。

 

ただでさえ顎周りのニキビは再発しやすいので、
潰したところでイタチごっこになってしまいます。

 

さらに跡が残ってしまうため、つぶすのは絶対にやめましょう。

 

顎周りにニキビができやすい理由

 

顎周りは、他の箇所と比べてニキビができやすい箇所です。
それはいったい、なぜなのでしょうか。

 

実は、顎周りというのは、汗をかきにくい箇所です。

 

汗をかきにくいから、毛穴の中に汚れが入ってしまうと、
洗い流すのが難しくなってしまいます。

 

そうして毛穴を塞いでしまうと、ニキビのできる原因となり、
さらに炎症が起こって赤くなってしまうのです。

 

それが顎周りにニキビができやすい最たる理由なのですが、
それ以外にも理由はあります。

 

それは、ホルモンバランスの崩れの影響が出やすい箇所である、
ということです。

 

顎周りは男性ホルモンが活発に働く部位であるため、
皮脂の分泌量が他の箇所に比べると多い、というのが理由です。

 

女性の場合でも、
「生理前に顎周りにニキビができやすい」という人は多いです。

 

それは、ホルモンバランスが崩れた拍子に皮脂の分泌量が多くなって、
毛穴を塞いでしまうことが主な原因と考えられています。

 

痛いニキビの三段階

 

顎周りにかぎらず、ニキビには「白」「黒」「赤」の三段階があります。

 

初期段階の「白」「黒」

 

「白」「黒」のニキビは、初期段階です。
単純に毛穴が詰まっているだけなので、炎症はまだ起きていません。

 

そのため触っても痛みはなく、痒みを感じることもありません。

 

こうした初期段階で、きちんとしたスキンケアをすることができれば、
慢性化することもほとんどなく治すことができます。

 

そのため、できる限り「白」「黒」の初期段階のうちに、
治しておくことが重要になります。

 

悪化してしまった赤ニキビ

 

とくに顎周りに多いのですが、「白」「黒」の初期段階から悪化すると、
炎症して赤くなってしまった赤ニキビになります。

 

この状態は、毛穴の中で汚れ・ゴミなどが詰まったあと、
炎症を起こしているため「痛い」「かゆい」といった症状があります。

 

実際、顎周りのニキビで悩んでいる人の多くは、
赤くなって慢性化している人がほとんどです。

 

この段階になってしまうと、本腰を入れてケアをしなければ、
慢性的な赤ニキビに悩むことになりますし、跡が残ってしまいます。

 

きちんとした治し方をまなんで、集中ケアを行いましょう。

 

顎周りニキビの治し方

 

悪化してしまった顎周りニキビの治し方は、
まず以下の3原則を守ることから始めましょう。

 

触れない

うっかり手で触ってしまうと、手に付着しているゴミや汚れが
毛穴の中に入り込んでしまいます。

 

そうなると炎症の原因になったり、悪化してしまいますから、
うかつに触れないようにしましょう。

 

潰さない

潰してしまうと、あとが残ります。
また潰したからといって、再発しないわけではありません。

 

顎周りニキビで悩んでいる人のほとんどが、再発を繰り返しているはずです。

 

潰してしまっても、イタチごっこになるだけです。
そのため、潰してしまわないように注意しましょう。

 

放置しない

炎症が起きてしまっているため、放置しておくと悪化します。

 

きちんとしたスキンケアをせずにほうっておくと、
炎症によって慢性的な再発に悩んでしまうことになります。

 

そのため、きちんと問題に向き合って、治療するようにしましょう。

 

顎周りニキビの治し方

 

では具体的に、どうすればよいのでしょうか。
それには、以下の3つのポイントを守って、しっかりケアをするようにしましょう。

 

刺激の少ない洗顔料をつかう

肌を傷つけると、さらなる炎症の原因になります。

 

市販の洗顔料には界面活性剤などの刺激成分が含まれているため、
極力そういったものが含まれていない洗顔料を使いましょう。

 

徹底的な保湿

肌の乾燥は、顎周りニキビの原因になります。

 

というのも、乾燥によって皮脂が大量に分泌されてしまい、
その結果毛穴を塞いでしまうからです。

 

また、乾燥によって毛穴がひらいてしまい、
ゴミや汚れが入り込んでしまうと症状が慢性化します。

 

そのため、浸透力の高い化粧品で保湿し、
乾燥肌を防いで毛穴を引き締めるようにしましょう。

 

皮膚に栄養を与える

皮膚に栄養を与えて、回復能力を高めるようにしましょう。
とくにビタミンC成分が肌の再生に有効、といわれています。

 

ビタミンCには、皮脂の分泌や炎症を防ぐ働きがあります。

 

ビタミンCには殺菌効果もあるので、
そういった各種の栄養分が含まれている化粧品を使用しましょう。

 

顎周りのニキビにおすすめ!ベストアイテム特集!

 

上記3つのポイントをおさえた、顎周りニキビ対策のおすすめアイテムを紹介します!

 

洗顔のツボとコツ

顎周りのニキビ対策には、洗顔が最も効果的です。
しかし、きちんとポイントを守らないと、症状が悪化してしまいます。

 

そんな洗顔に関してのツボとコツを紹介します。

 

温かいお湯で毛穴をひらく

洗顔の際には、温かいお湯を使用して、毛穴をひらかせるようにしましょう。

 

毛穴をひらかせることによって、
詰まっている汚れ・ゴミを取り除くことが目的です。

 

それには温かいお湯をつかうことは、もはや必須。
しっかりと毛穴をひらかせて、不純物を取り除くようにしましょう。

 

乾燥しないようにする

洗顔は、顎周りのニキビ対策に効果的な反面、
やり過ぎると肌が乾燥してしまいます。

 

肌が乾燥すると皮脂の分泌量が増えてしまい、
毛穴で詰まって顎周りのニキビが悪化してしまうことにつながります。

 

また、単純に洗顔のし過ぎは、肌を傷つけることになります。

 

そのため、洗顔はしすぎないようにすることと、
洗顔後は保湿をしっかりと行うことを徹底するようにしましょう。

 

目安としては、「1日2回まで」が、洗顔時に気をつけておきたいポイントです。